賃貸を続けたまま高齢になる不安!

<入居制限する理由>

出典:(公財)日本賃貸住宅管理協会(平成26年度)家賃債務保証会社の実態調査報告書

住宅確保要配慮者の入居に対する大家の意識……

「マイホームなんてまだ早い」

今世紀に入り賃貸住宅の大家が嫌がる入居者の属性として、第一が障害者のいる世帯、第二が単身の高齢者、第三が外国人となっている。 高齢者が賃貸住宅を借りる場合の最初の関門は、入居時の家賃保証の問題と単身高齢者の孤独死である。
その為に、20代(例、年収240万円)でマイホームを購入して、住宅ローンを定年前に完済することが望ましい。もし、都内で坪単価(100万円以下)なら高品質で低価格のUniCute(3LDK-15坪))なら総額2,300万円で新築のマイホームが叶います。 
借入金額:2,300万円、金利:1.000%、借入期間:35年 (420回払)、月額返済額:64,925円

40代でローン完済も可能。資産運用でプラス収入も

20代であれば、親から頭金を負担してもらうこともできます。
年々収入が上がれば早くローンを返すことができ、40代で返済完了も可能です。
さらにFPに相談するなどして住宅資産を運用すれば増収の道も開けます。

25歳で持ち家/40歳で持ち家を比較した漫画も

※日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」に出演中の建築士荒井一美が監修する漫画です。
「25歳で戸建てマイホームなんて早すぎる!」「子供が小学校へ入る頃にそろそろマイホーム」
こんな常識感を持っている方は、一生後悔するかもしれません。
この漫画を読んだあなたは、一生が救われる道が開けます。ぜひ最後までお読みください。


1千万円得する家の建て方!すぐ読めるWEB漫画


A-1PROJECT住宅問合せフォーム